基礎知識

イラスト・マンガ制作におすすめのパソコンと選び方の注意点

イラスト制作におすすめのパソコン

「パソコンでイラストを描いてみたい!」

と考える方は多いものの、いざパソコンを選ぶとなるとよくわからない専門用語がたくさん並んでいて迷ってしまいがち。

このページではイラストやマンガ制作におすすめのパソコンと、選び方の注意点について詳しくまとめています。

デジタルイラストに挑戦したい方、イラスト制作用パソコンの買い替えを考えている方は、ぜひじっくりご覧ください。

イラスト・マンガ制作ソフトの推奨環境

クリエイターPCで仕事中のデザイナー

デジタルでカラーイラストやマンガを描くためには、大前提としてグラフィックソフトやペイントツールが必要ですよね。

有名イラスト投稿サイト「pixiv」によると、イラストレーターや漫画家に人気のソフトは「CLIP STUDIO PAINT」「Photoshop」「ペイントツールSAI」です。

まずは定番イラストソフトをサクサク動かすために必要なパソコンのスペックについて見ていきましょう。

記載している推奨環境はいずれも記事執筆時点のものです。バージョンアップで推奨環境が変わることもあるため、最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

CLIP STUDIO PAINT

クリスタのキャプチャ画面

CLIP STUDIO PAINT(通称:クリスタ)はイラストレーターの半数以上が利用していると言われる大人気・超定番ソフト。

描き味に定評があり、プロのクリエイターはもちろん専門学校などでも導入されているほどの信頼度。

操作には少し慣れが必要ですが、初心者のためのサポート機能も充実。

どのペイントソフトを使うか迷っているなら、クリスタにしておけば間違いありません。

CLIP STUDIO PAINT

クリスタが推奨しているパソコンの環境は以下の通り。

CLIP STUDIO PAINT 推奨スペック
OSWindows 7 Service Pack 1 以上
macOS 10.10 以上
iPadOS 13 以上
CPUSSE2に対応したIntel、AMD製CPU
GPUOpenGL 2.1に対応したGPU
メモリ8GB 以上
ストレージ3GB 以上の空き容量
価格PC
ダウンロード版:5,000円(税込)
バリュー版:500/月(税込)
パッケージ版:9,350円(税込)
30日間の無料期間あり
iPad
月額:480円(税込)
年額:2,800円(税込)

SSE2に対応したCPUとは、IntelならPentium4以上に該当します。

3~4万円前後の超格安パソコンでない限り、CPUの要件は満たしていると考えて問題ないでしょう。

ネックになりそうなのはメモリ8GB。

古いパソコンや格安ノートパソコンだとメモリが4GBしかないことも多いです。

CLIP STUDIO PAINT 動作環境

Photoshop

フォトショのキャプチャ画面

Photoshopはどちらかというと写真加工で有名なソフトですが、機能が非常に多く、イラスト制作にも十分使えます。

しかしながら設定のカスタマイズはしっかり行わなければいけないので、デジタルに慣れた中級者以上におすすめ。

Photoshopの推奨スペックは以下の通り。

Photoshop 推奨スペック
OSWindows 7 Service Pack 1 以上
macOS 10.13 以上
CPU64bit対応の2GHz以上のプロセッサー
GPUGeForce GTX 1050
GeForce GTX 1660
Quadro T1000 以上
メモリ8GB 以上
ストレージ3.1GB 以上の空き容量
価格フォトプラン:980円/月(税別)
単体プラン:2,480円/月(税別)
コンプリートプラン:5,680円/月(税別)
7日間の無料体験あり

CPUの目安として、Core i5以上ならおおむねスムーズに動かせます。

GPU(グラフィックカード)がGTX1050以上となっていますが、軽い作業ならグラフィックカードなしでも問題ありません。

ただし、何枚ものレイヤーを重ねていく作業はパソコンにかかる負荷も大きくなります。

Photoshopをサクサク運用したいなら、パソコンにも相応の投資が必要です。

Photoshopの必要システム構成

ペイントツールSAI

SAIのキャプチャ画面

SAIはシンプルかつ軽快な動作で人気のソフト。

推奨スペックは極めて軽く、格安ノートパソコンでも問題なく動かせます。

ペイントツールSAI 推奨スペック
OSWindows 2000 以上
CPUPentium 450MHz 以上
メモリ512MB 以上
価格5,500円(税込)
試用期間31日あり

macには非対応なので要注意。

シンプルゆえに文字入力ができないなどの弱点もありますが、「まずはペンタブの操作に慣れたい」「とりあえず試してみたい」という方にぴったり。

ただし、ある程度本気でイラストやマンガを描きたいなら、いずれはクリスタやPhotoshopなどの本格的なペイントソフトを使うことになるでしょう。

あくまで練習用、入門用として使うことをおすすめします。

ペイントツールSAI

メディバンペイント

メディバンペイント

筆者が個人的におすすめしたいのは、無料で使えるメディバンペイント(MediBang Paint)というイラストソフト。

クリスタとほぼ同じといっていいくらい機能が充実しているにも関わらず、パソコンやスマホ、タブレットに対応。

メディバンペイントの作例

ちょこちょこ広告が表示されるのは無料アプリの宿命ですが、それでもすばらしく便利です。

メディバンペイント 推奨スペック
OSWindows 7 Service Pack 1 以上
macOS 10.9 以上
メモリ8GB 以上
ストレージ2GB 以上の空き容量
価格無料

パソコンの推奨スペックが低めなのもうれしいポイント。

メモリ8GBさえクリアしておけば、サクサク快適に絵が描けます。

メディバンペイントでデジタルイラストに慣れて、機能に不満を感じるようになってきたらクリスタに乗り換えるのがおすすめです。

MediBang Paint Pro 動作環境

パソコンを選ぶときに必要な基礎知識

パソコン選びに悩む女性

ここまで人気イラスト制作ソフトの推奨環境をご紹介しました。

低スペックのパソコンでもそれなりに動かせますが、サクサク快適に動かすには相応のパワーが必要。

ここからはパソコン購入時に最低限知っておきたいポイントをご説明します。

パソコンが苦手な方はぜひご覧ください。

メモリ

メモリ

メモリはイラスト制作ソフトを快適に動かすうえで、とても重要なパーツのひとつ。

パソコンでイラストを描くとき、イラスト制作ソフト以外にもいろいろソフトを立ち上げませんか?

Youtubeで作業用BGMをかけたり、仕事のメールをチェックしたり。

CLIP STUDIO PAINTやPhotoshopの推奨メモリが8GBということは、ほかのソフトも使うとメモリ8GBでは足りないということ。

要点をまとめると以下の通り。

メモリ選びのポイント
  • メモリは最低8GB
  • できれば16GBほしい

メモリが足らなくなるとクリスタの動作がもっさりしたり、最悪の場合フリーズします。

作業途中でパソコンがフリーズしたら悲劇ですよね。

最悪の状況を招かないためにも、メモリには余裕を持たせましょう。

パソコンのメモリについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

メモリの基礎知識
パソコンのメモリは何GB必要?写真の加工・RAW現像に必要な容量を解説ある程度パソコンの知識がないとメモリのことなんてよくわからないですよね。メモリについてイマイチ理解していない方は、このページでメモリの基礎知識について学びましょう。近いうちにパソコンの買い換えを考えている方はとくに、ぜひチェックしてみてください。...

CPU

パソコンのCPU

CPUはパソコンにとって脳みそにあたるパーツ。

CPUの性能が高いほどペンの動きや画面のスクロールが滑らかになったり、作業の快適度がアップします。

おすすめは以下の通り。

CPU選びのポイント
  • Intel:第8世代以降の「Core i5」か「Core i7」
  • AMD:第3世代の「Ryzen5」や「Ryzen7」

「第○世代なんていわれてもわからない・・・」

という方は、以下の見分け方を覚えておきましょう。

Intel
CPUの簡単な見分け方
AMD
Ryzenの簡単な見分け方

できるだけ高性能なCPUを選んでおくと、イラストや漫画の制作に限らず、さまざまな用途で役立ちます。

ちなみに、Intelの「Pentium」や「Celeron」はCore i3より低スペック。

快適な作業環境を実現したいなら、手を出さないほうが無難です。

ストレージ

SSD

ストレージとは記憶容量のことで、容量が多いほどたくさんのデータを保存できます。

少なくとも256GB以上はほしいですが、外付けで後から容量を増やせるので難しく考える必要はありません。

容量以上に注目すべきはストレージの種類。

HDDとSSDのちがいは何となくわかりますか?

それぞれのデータを読み込む速度をグラフ化すると以下の通り。

ストレージの転送速度(MB/s)
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

数字が大きいほどパソコンの起動やデータの読み込みが速く、値段も高くなります。

最低限知っておきたいポイントをまとめます。

ストレージ選びのポイント
  • 容量は少なくとも256GB以上
  • 容量は後から外付けで増やせる
  • SSDは読み込みが速いけど高い
  • HDDは読み込みが遅いけど安い

おすすめは「SSD256GB、HDD1TB」などのデュアルストレージ。

頻繁に使うデータはSSDに保存して、重たいデータやたまにしか使わないデータはHDDに保存しておくと日々の作業が快適です。

ストレージについてもっと知りたい方は以下の記事もあわせてご覧ください。

HDDとSSDのちがい
HDDとSSDの選び方!写真データを安全に保存するストレージの基礎知識パソコンのストレージ(保存容量)についてイマイチ詳しくない方も多いですよね。このページでは、デジカメで写真を撮る上で知っておきたいストレージの基礎知識について詳しくご説明します。写真のデータがどんどん貯まってきている方は、ぜひチェックしてみてください。...

ディスプレイ

モニター

ディスプレイ選びも大切なポイント。

イラスト制作ソフトはさまざまなウィンドウを表示させながら作業するため、大きい画面のほうが作業しやすいです。

デスクトップパソコンなら24型以上のモニターにつなげたいところ。

ノートパソコンなら15.6型(15インチ)以上がおすすめ。

クリエイターパソコン

14型や13.3型は持ち運びには便利ですが、イラスト制作という点では使いづらいです。

外付けのモニターにつなげるなら、ノートパソコン本体は小さくても問題ありません。

また、正しい色合いを表示できるかどうかも重要なポイント。

とくにカラー印刷を考えるような段階になってくると、モニターのsRGBやAdobeRGBカバー率などもチェックしましょう。

「sRGBって何なの?」

という方は、EIZO株式会社の公式サイトから引用した以下の説明をご覧ください。

PC関連で標準的な色域となっているのは、IEC(国際電気標準会議)が1998年に作成した国際規格の「sRGB」だ。

sRGBは Windows環境における標準の色域として定着しており、たいていの場合、液晶ディスプレイやプリンタ、デジタルカメラ、各種のアプリケーションなどは、sRGBの色域を違和感なく再現できるように設計されている。

画像データを入出力する機器やアプリケーションをsRGBに対応させることで、入力時と出力時の色の差異を小さくすることが可能だ。

引用元:EIZO株式会社 液晶ディスプレイの「色域」を理解しよう

さらにパネルの種類にも気を付けたいです。

イラスト用途なら視野角が広く、色のばらつきが少ないIPSパネルがベスト。

VAパネルやTNパネルは色が重要なクリエイティブ用途には不向き。

各パネルの特徴を簡単にまとめると以下の通り。

主なパネルの特徴
IPSTNVA
色の美しさ
視野角の広さ
コントラストの高さ
価格の手ごろさ

見た目の美しさ、という点で比べるとIPSパネルが断トツです。

ここまでの要点を整理すると以下の通り。

モニター選びのポイント
  • 画面は大きいほうが使いやすい
  • 印刷するなら色域も要チェック
  • パネルの種類はIPSがおすすめ

本気でイラストに取り組んでいくなら、いずれはカラーマネジメントに対応したモニターが必要になってきます。

グラフィックボード

グラボ

グラフィックボードとは映像処理を専門に行うパーツのことで、グラボやGPU、グラフィックカードなど名称にばらつきがあります。

ペンタブの練習やWeb用のイラストであれば、CPUに内蔵されている機能で十分まかなえるためグラボがなくても問題ありません。

ただ、印刷を想定した高解像度のイラストを制作するときなどは、グラボの存在感を実感できます。

予算に余裕があるなら、GeForce GTX1050やGeForce GTX1650などのグラボを搭載したクリエイターパソコンを検討してみましょう。

高性能なグラボを搭載したパソコンなら、フォートナイトなどのPCゲームで遊ぶこともできます。

フォートナイト

ポイントを整理すると以下の通り。

グラボ選びのポイント
  • イラスト用途ならグラボは優先度低
  • 高性能グラボならPCゲームで遊べる

ただし、グラボを搭載するとパソコンの値段がグッと上がるため、懐事情と相談しながら判断してください。

WindowsかMacか

Macbookプロ

「イラストを描くなら、やっぱりMacのほうがいいのかな・・・」

と考える人はとても多いです。

結論として、OSは好きなほうを選べば問題ありません。

ペイントツールSAIはWindowsでしか使えませんが、クリスタやPhotoshop、その他有名ソフトのほとんとがMacにも対応しています。

OSで迷ったときに最低限知っておきたいポイントは以下の通り。

OS選びのポイント
  • WindowsかMacはどっちでもOK
  • 価格だけで比較するとMacは割高
  • 世の中の大半はWindowsユーザー
  • プロの世界はMacユーザーも多い

なるべく出費を抑えたい方や操作性のちがいで悩みたくない方は、Windowsを選んだほうが無難です。

パソコンが安くなる時期

マウスコンピューターのセール

「パソコンを買うなら一番安くなる時期を狙いたい」

と考えるのは自然なことです。

パソコンが安くなりやすい時期を以下にまとめました。

パソコンが安くなる時期
  • 年末年始(12~1月)
  • 新生活シーズン(3~4月)
  • ボーナス時期(7月、12月)
  • モデルチェンジのタイミング など

時期を問わず各種キャンペーンやセールを実施しているメーカーも多いため、こまめにチェックするのがおすすめです。

各メーカーの特徴とセール情報へのリンクをまとめておきました。

有名パソコンメーカー
Lenovo世界シェア、国内シェアともにNo.1。(2019年)
コンパクトで持ち運びやすいノートパソコンが多く、
コスパの高さで選びたい人におすすめ。
HP世界シェア、国内シェアともにNo.2。(2019年)
見た目がおしゃれなモデルや、タブレットとしても
使える2in1パソコンのラインアップが豊富。
マウスコンピューター24時間365日対応のアフターサポートが魅力。
安心感でパソコンを選びたい人におすすめ。
クリエイター向けブランド「DAIV」を展開。
ドスパラ圧倒的なコスパの高さと納品の速さが魅力。
手ごろなパソコンがすぐ欲しい人におすすめ。
クリエイター向けブランド「raytrek」を展開。
フロンティアセール品の値引き率の高さが魅力。
知名度は低いがコスパの高さはトップクラス。
CLIP STUDIO PAINT推奨パソコンを販売。

ただし、いくらセール時期でも希望のモデルが安くなるかは運次第。

お買い得品ほど在庫切れになるのも速いため、のんびり悩んでいたらチャンスを逃してしまいます。

最新モデルへのこだわりがなければ、型落ち品やアウトレット品を狙ってみるのもひとつです。

中古をおすすめしない理由

ケース内部

いくら安くパソコンが買えるからといっても、中古パソコンは止めておきましょう。

パソコンの寿命は基本的に5年と言われていて、ほかの家電より短めです。

とくにハードディスクは劣化しやすく、ある日突然データが消えてしまう悲劇に見舞われることも・・・

大切なデータは必ずバックアップを取っておきましょう。

中古パソコンは当たり外れも多く、メーカーのサポートが終了しているケースも少なくありません。

ある程度知識がないと中古パソコンの見極めは非常に難しいため、新品の購入が無難です。

描き方・用途別のおすすめパソコン

パソコン作業中の男性

ここからは具体的におすすめのパソコンをご紹介します。

用途や使用環境によって最適なパソコンはそれぞれ異なるため、ここでは以下の3つに分けて整理しました。

  • タブレットで描く
  • 2in1パソコンで描く
  • ペンタブで描く

どういったスタイルが自分に合っているか、イメージしながら読んでみてください。

記載している仕様および価格は記事執筆時点のものです。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

タブレットで描く

まずはもっとも手軽なタブレットについて。

iPad Proを筆頭に、今はタブレットでイラストや漫画が描ける時代。

iPad Pro

クリスタもiOS版(CLIP STUDIO PAINT for iPad)が販売されています。

難点は値段の高さとiOSのクセ。

2018年に発売された第3世代iPad Proの価格とスペック(記事執筆時点)は以下の通り。

iPad Proのスペック
サイズメモリストレージWi-Fi価格(税別)
11インチ4GB64GB~Wi-Fi89,800円~
11インチ4GB64GB~Wi-Fi
+Cellular
106,800円~
12.9インチ4GB64GB~Wi-Fi111,800円~
12.9インチ4GB64GB~Wi-Fi
+Cellular
128,800円~

筆者は第2世代のiPad Proを持っていますが、10.5インチだとイラストを描くには小さくて使いづらいです。

液タブのように使いたいなら、12.9インチがおすすめ。

ただし、ノートパソコンの代用として考えるとできないことも多かったり、iOS特有のクセもあってストレスを感じる点もちらほら。

あくまでタブレットとして割り切って使うのがよさそうです。

Windowsタブレット

「タブレットで絵を描きたいけど、なるべく値段も抑えたい」

という方にはWindows10がインストールされた、ドスパラのraytrektab(レイトレックタブ)がおすすめ。

レイトレックタブ

金額とスペックは以下の通り。

raytrektabのスペック
サイズCPUメモリストレージ価格(税別)
10.1インチPentium Silver N50008GB128GB SSD76,667円~

CLIP STUDIO PAINT DEBUTとWACOM製のデジタイザーペン2本が付属していることを考えると、iPad Proよりだいぶ安いです。

microSDカード対応でストレージを後から増やせるのも魅力。

iPad Proのようなスタイリッシュさはないものの、手軽さや値段の安さを優先したい方におすすめです。

2in1パソコンで描く

続いてご紹介するのは2in1タイプのノートパソコン。

2in1とは、ノートパソコン1台でタブレットとしても使える便利なパソコンのこと。

イラスト制作に限らず、動画視聴などの用途でも使いやすい人気モデルです。

2in1タイプは各メーカーから販売されていますが、イラスト用途でおすすめなのは、マイクロソフトのSurface Pro 7。

Surface Pro 7

同スペックで比較すると価格は高めですが、性能の高さやイラストの描きやすさは段違い。

Surface Pro 7のラインナップ
CPUメモリストレージ価格(税別)
Core i34GB128GB109,780円〜
Core i58GB128GB131,780円〜
Core i58GB256GB153,780円〜
Core i516GB256GB193,380円〜
Core i716GB256GB204,380円〜
Core i716GB512GB247,280円〜
Core i716GB1TB295,680円〜

筆圧検知はもちろん搭載しており、別売りの専用ペンを使えば、iPad Proと同等以上の描きやすさを味わえます。

Surface Pro 7

Windowsが搭載されたノートPCとしても普通に優秀なので、「仕事でもパソコンを使いたいけど、イラストも描きたい」という方にぴったり。

「道具には妥協したくない!」

という方に強くおすすめします。

ペンタブで描く

ペンタブ

最後にペンタブで描きたい方へおすすめのパソコンを見ていきます。

この記事の前半でクリスタやPhotoshopの推奨環境をご紹介した通り、絵を描きたいだけならパソコンのスペックは低めでも問題ありません。

ExcelやWordをサクサク動かせたり、パソコンゲームも遊んでみたいなど、用途に合わせて選ぶことが大切です。

クリエイターノート

「ある程度ハイスペックなパソコンを買って、長く使いたい」

という方はクリエイターパソコンを検討してみてはいかがでしょうか。

DAIV 5P

たとえばマウスコンピューターはDAIVというクリエイター向けのブランドを展開していて、クリスタ推奨モデルも販売しています。

主なスペックと価格は以下の通り。

主なスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-10750H
GPUGeForce GTX1650
メモリ16GB(16GB×1)
ストレージNVMe M.2 SSD 512GB
販売価格139,800円~

ウスコンピューターはアフターサポートが24時間365日対応なので、パソコンが苦手な方も安心。

夜中にイラストを描いていて、パソコンに何かトラブルが起きてもすぐに相談できます。

本格派にはデスクトップ

「紙絵師を目指して本格的な環境を整えたい!」

という方はデスクトップパソコンを考えてみてください。

DAIV-DGZ531

DAIVの主なデスクトップモデルのスペックおよび価格は以下の通り。

DAIV-DGZ530のスペック
CPUGPUメモリストレージ価格(税別)
Core i5-9400GTX16508GBM.2 SSD 256GB109,800円〜
Core i5-9400GTX166032GBM.2 SSD 256GB139,800円〜
Core i7-9700KGTX1660 Ti16GBM.2 SSD 256GB179,800円〜
Core i7-9700RTX2060 SUPER16GBM.2 SSD 256GB
HDD 2TB
184,800円〜
Core i9-9900KGTX1660 Ti16GBM.2 SSD 512GB209,800円〜

キーボードやマウスに加えて液タブも購入すれば、人気イラストレーターと同じような作業環境が手に入ります。

デスクトップはメモリやストレージの増設・交換が比較的簡単で、後々のメンテナンスがしやすいのも魅力。

本気で紙絵師を目指す方は、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

快適なイラスト制作環境を整えよう

自宅で作業するクリエイター

パソコンでイラストや漫画を描けるようになると、表現の幅が一気に広がります。

しかしながらパソコン選びはある程度知識がないと難しいのも事実。

それなりの環境を整えようと思ったら安くても10万円前後の出費になりますから、買ってから「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔はしたくないですよね。

今回ご紹介した選び方のポイントを押さえて、予算と用途に合ったパソコンを見つけてください。

快適な作業環境を整えて、楽しく絵を描きましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。