レビュー

DAIV 5Pレビュー|動画編集がサクサク進む薄型ノート

DAIV 5P

マウスコンピューターが販売するクリエイターパソコン、DAIV 5Pをお借りしました。

約20mmのスリムボディにハイエンドクラスのCPUを搭載、動画編集やRAW現像をサクサクこなせるハイスペックモデルです。

動画編集やRAW現像、イラストなどの各種用途でどれくらい快適に使えるのか、じっくり検証しました。

薄型で高性能なクリエイターノートを探している方は、ぜひご覧ください。

DAIV 5Pの概要や特徴

DAIV 5P

DAIV 5Pがどういったパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

動画やRAWデータの書き出しが速い

持ち運びやすい約20mmの薄型ボディ

広視野角&ナローベゼルで見やすい

ゲームも遊べる高性能GPUを搭載

キーボード配列のクセが強い

用途次第でカラマネモニター必須

職場や自宅はもちろん、外出先でも大きな画面でサクサク作業したい方におすすめのクリエイターノート。

シュッとしたスリムボディなので、カメラバッグなどに収納しやすいのも魅力です。

スペック

CPUやグラフィックカード(GPU)など、今回お借りしたパソコンの基本構成は以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-9750H
GPUGeForce GTX1650
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージNVMe M.2 SSD 512GB

CPUは第9世代のCore i7。

6コア12スレッドで動作周波数は2.60GHz(最大4.50GHz)とノートパソコン向けのCPUとしてはハイエンドクラス。

性能が高い分、最大消費電力(TDP)は45Wとノートパソコン向けCPUとしてはかなり高めです。

詳しいスペックを知りたい方は、CPU-Zの結果をご覧ください。

CPU-Zの結果

グラフィックカードはGeForce GTX1650を搭載。

動画編集やRAW現像などで役立つほか、グラフィック設定を適切に調整すれば最新パソコンゲームも遊べます。

GPU-Zの結果は以下の通り。

GPU-Zの結果

メモリも16GB(8GB×2)搭載されているため、各種クリエイティブ系ソフトをスムーズに動かせます。

ストレージは標準仕様で512GB搭載、足らない方は注文時に容量をカスタマイズしましょう。

外観・大きさ

ここからはDAIV 5Pの外観を見ていきます。

DAIV 5Pの外観
DAIV 5Pの外観

程よくツヤのあるシルバーの天板に、DAIVのロゴマークのみというシンプルなデザイン。

ヘアライン加工の天板

写真だと少々わかりづらいですが、天板はヘアライン加工が施されています。

天板
底面

仕様上の大きさは360×243.5mmで、かつての14型と肩を並べるコンパクトさ。

一般的なビジネスバッグなら問題なく収納できるサイズです。

薄型ボディ

分厚さもたったの20.3mm(突起部含まず)、持ち運ぶときにかさばらないのはうれしいポイント。

PCの重量

重量は実測で約1.9kg。

スリムボディとはいえ15.6型のノートパソコンなので、それなりに重みは感じます。

ACアダプター

ACアダプター

ACアダプターは120Wのものが付属。

一般的な薄型ノートパソコンのACアダプターと比べると大きめです。

ACアダプターの重量

重量もACアダプター単体で約570gあるため、パソコンと一緒に持ち歩くのはしんどいです。

仕様上のバッテリー駆動時間は7.4時間あるので、数時間程度の外出ならバッテリーだけでどうにかなるでしょう。

とはいえバッテリーの持ちはパソコンの使い方次第なので、外出先で写真や動画を編集するならACアダプターを持ち歩きましょう。

ラインナップ

DAIV 5P

DAIVのノートパソコンはディスプレイサイズやスペックによって、細かくラインナップが分かれています。

DAIVのノートパソコン
シリーズ大きさCPUGPU価格(税別)
3N13.3型Core i7-8709GRadeon RX Vega M GH179,800円〜
4N14型Core i7-8565UGeForce MX250139,800円〜
5D15.6型Core i5-9400GeForce MX250119,800円〜
5P15.6型Core i7-9750HGeForce GTX1650149,800円〜
5N15.6型Core i7-9750HGeForce RTX2060179,800円〜
5N-OLED15.6型Core i7-9750HGeForce RTX2060229,800円〜
7N17.3型Core i5-9400GeForce RTX2080359,800円〜

今回お借りした5Pは、DAIVの15.6型ノートパソコンの中でもっともスリムなモデル。

標準仕様なら送料と消費税込で168,080円で買えます。

CPUとグラフィックカードは変えられないものの、メモリやストレージ容量などは用途に合わせてカスタマイズも可能。

パソコンを持ち運ぶ機会が少ないなら5Dはコスパ抜群ですし、スペックに妥協したくないなら5Nもおすすめ。

用途や予算に合わせて最適な1台を選べるのがマウスコンピューターの強みなので、ほかのモデルと比較しながらじっくり選んでみてください。

セールやキャンペーンを要チェック

マウスのセール

DAIVの購入を真剣に考えている方は、マウスコンピューターのセール情報を必ずチェックしましょう。

人気モデルが数万円単位で安くなっていることも多く、非常にお得です。

時期によってセールの対象モデルは変わるので、こまめな公式サイトのチェックをおすすめします。

インターフェイス

薄型ノートパソコンはポート類が少なくなりがちですが、DAIV 5Pはインターフェイスが充実しています。

左側面のインターフェイス
  • LAN
  • USB2.0
  • マイク
  • ヘッドホン

左側には有線LANのポートをはじめ、USBなどがあります。

右側面のインターフェイス
  • カードリーダー
  • USB3.0 ×2

右側にはSDXCやSDHCなどに対応したマルチカードリーダーとUSBポートが2つ。

背面のインターフェイス
  • Mini DisplayPort ×2
  • HDMI
  • USB3.0 Type-C
  • 電源

外部モニターと接続するための各種端子は背面に集中。

HDMIとMini DisplayPortは音声の出力もできるため、スピーカー内蔵のディスプレイに接続すれば、ディスプレイ側のスピーカーから音を出力可能。

電源ケーブルも背面につなげます。

キーボード

キーボード

キーボードはテンキーつきの日本語配列(99キー)で、キーピッチは約18mmと標準的。

キーストロークは約1.4mmで、MacBook Airほどではないものの少し浅めに感じます。

左側の配列
右側の配列

右上に配置されることの多い「\」が左下にあったり、「_」が最下段に配置されているなど、かなりクセの強いキー配列です。

慣れるまでは慎重にタイピングしたほうがよさそう。

タッチパッド

タッチパッドは一体型で、指紋認証の機能を搭載。

パスワードを打ち込むことなく、Windowsにログインできます。

バックライト調整機能

バックライトはプリインストールされているコントロールセンターから明るさや色を細かく設定可能。

発光パターンもプリセットから選べます。

ディスプレイ

ディスプレイ

ディスプレイは15.6型のフルHD(1,920×1,080)解像度。

上下左右160度の広視野角に対応、ナローベゼル(狭額縁)かつノングレア(つや消し)仕様なので、とても見やすいです。

タッチパネルには対応していません。

唯一気になるのはWebカメラがディスプレイの下側についていること。

ZoomやSkypeなどでビデオ通話をすると、鼻の穴がはっきり映ってしまうため要注意。

ビデオ通話や動画配信などの用途を想定している方は、外付けのWebカメラ購入がおすすめです。

最大開閉時

ディスプレイは最大でここまで開きます。

sRGBカバー率は約90%

色域のグラフ
ガンマカーブ

i1 Profilerでディスプレイの色域をチェックした結果は以下の通り。

DAIV 5Pの色域
  • sRGBカバー率:90.3%
  • AdobeRGBカバー率:69.8%

趣味やプライベートで使う分にはまったく問題ない色域の広さですが、業務用途で使うとなると注意が必要です。

とくにAdobeRGBカバー率は約70%なので、写真をプリントする方やDTPなどの用途で使う方はカラーマネジメントモニターにつなげましょう。

肉眼で見る分には十分きれいです。

クリエイティブ性能の検証

DAIV 5P

ここからはパソコンに負荷のかかる各種クリエイティブ用途で、DAIV 5Pの性能をチェックした結果をご紹介します。

クリエイティブ用途に限らず、パソコンに負荷のかかる作業をするときは事前にパフォーマンス設定の見直しがおすすめ。

パフォーマンス調整画面

DAIV 5Pにプリインストールされているコントロールセンターを開いて、用途に合ったモードを選びましょう。

動画編集やRAW現像をするときは「ゲームモード」、事務作業がメインのときは「オフィスモード」など、用途に合わせて選べます。

Photoshop

Photoshop

まずは画像加工ソフトの代名詞的存在、Photoshopを試しました。

各種フィルターの適用や画像のトリミング、色味調整など、3,000万画素を超えるデータもサクサク処理できました。

今回お借りしたモデルはメモリ16GB、GPUにGeForce GTX1650も搭載しているため、重めのレタッチでも十分使えるでしょう。

Lightroom

Lightroom

続いてLightroomでRAWデータの書き出し速度をチェック。

画素数別に100枚を書き出して、かかった時間を計測しました。

画素数別 RAW現像の処理速度
4575万画素
Nikon D850
3:38
3635万画素
Nikon D810
2:44
2420万画素
SONY α7III
2:02
2020万画素
Canon G7 X
1:34

一般的なノートパソコンの場合、D810のRAWデータ書き出しに5分以上かかることもザラなので2分台はかなり速いです。

ハイエンドクラスのデスクトップパソコンだと同データを1分台で書き出せますが、ノートパソコンとしては十分優秀。

Lightroomの書き出し条件は以下で統一しています。

Lightroomの書き出し条件
画像形式JPEG
画質100
カラースペースsRGB
画像のサイズ未調整(撮影データそのまま)
解像度350
メタデータすべてのメタデータ
(人物情報や撮影場所の情報は削除)

Premiere pro

Premiere pro

Premiere Proで動画編集も試しました。

不要なシーンをカットしたり、テロップや効果音を付けるなどスムーズに動かせました。

After effectで演出を作りこんだり、4K動画の編集も考えている方は、メモリを32GBまで増やすことも考えてみてください。

16GB→32GBへのアップグレードは記事執筆時点だと14,800円~(税別)です。

4K動画の書き出し

4K動画の書き出しに、どれくらい時間がかかるかも検証しました。

検証のために用意したのは、GoPro HERO7 Blackで撮影した4K 60fpsの動画データ。

書き出し条件とかかった時間は以下の通り。

H.264 Youtube 1080p FHD6:48
H.264 Youtube 2160p 4K UHD7:49

一般的な薄型ノートパソコンだと40分以上かかることも多いので、10分未満で書き出せるのは爆速です。

YouTuberとして毎日のように動画をアップロードしている方にもおすすめです。

Illustrator

Illustrator

Illustratorも動かしてみました。

ちょっとしたロゴを作ったり、名刺の印刷データを整えたりする程度ならサクサク動かせます。

今回試した限りでは、重めのデータも難なく動かせました。

CLIP STUDIO PAINT

CLIP STUDIO PAINT

最後にイラスト用途としてCLIP STUDIO PAINTも試しました。

使用したペンタブはWacomのIntuos Small。

ペンタブへの慣れは必要なものの、iPad Proなどのタブレットより大きな画面で操作できます。

各種ベンチマーク結果

DAIV 5P

各種クリエイティブソフトをスムーズに動かせることがわかったところで、ここからは各種ベンチマークソフトの検証結果をご紹介します。

まずはパソコンの総合的な性能をチェックするベンチマークソフト、PCmark 10のスコアは4,269でした。

PCmark 10のスコア

一般的な薄型ノートパソコンだと3,300~3,600前後のスコアが多いため、なかなかの高スコアです。

クリエイティブ用途はもちろんのこと、ExcelやWordなどの事務作業も快適にこなせます。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH

CINEBENCH R15とR20でCPUの性能をチェックしてみた結果は以下の通り。

R15
R15
R20
R20

当サイトで検証したCINEBENCH R15のスコアをグラフにまとめました。

CINEBENCH R15 スコア比較
Core i7-9700
1333
Core i7-9750H
1047
Core i5-9300H
868
Core i7-10510U
694

デスクトップパソコン向けのハイエンドクラスCPU、Core i7-9700にはさすがに敵わないものの、ノートパソコン向けCPUとしては文句なしのスコアです。

Crystal Disk Mark

CrystalDiskMarkでストレージの転送速度をチェックしたところ、読込で約1,700MB/sとまずまずのスコアでした。

Crystal Disk Mark

一般的なSSD(SATA)やHDDと平均的な転送速度を比較すると以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

+5,800円(税抜)で読込3,000MB/sを超えるNVMe M.2 SSD 512GBに変えられるので、転送速度にこだわる方は検討してみてください。

ただ、1,700MB/sと3,000MB/sで体感速度はあまり変わらないので過度な期待は禁物。

Gen4に対応したM.2 SSDは今のところ第3世代RyzenとX570チップセットのマザーボードの組み合わせでないと使えません。

Fire Strike

Fire Strike

主にパソコンゲームを動かすうえで重要な指標となる、3DMarkのFire Strikeを走らせたところスコアは8,370でした。

主なGPUとスコアを比較すると以下の通り。

Fire Strike
GTX1660
11,588
GTX1650
8,370
GTX1050
5,436
MX250
3,351

フォートナイトやPUBGなど、人気のパソコンゲームをサクサク動かせるレベルのグラフィック性能です。

オンラインゲーム

有名オンラインゲームのベンチマークソフトも走らせました。

いずれも解像度は1920×1080(フルHD)のノートパソコンに設定。

グラフィックが激重なFF15は、軽量品質で「快適」という結果に。

比較的グラフィックの軽いFF14は最高品質で「非常に快適」、ドラクエXも最高品質で「すごく快適」という結果でした。

ゲーム用途のノートパソコンではないものの、FF15のような重量級ゲームでなければ快適に遊べます。

FF15

FF15ベンチマーク結果
高品質4074(普通)
標準品質5325(やや快適)
軽量品質6938(快適)

FF14 漆黒の反逆者

FF14のベンチ-マーク
最高品質9476(非常に快適)
高品質11671(非常に快適)
標準品質12875(非常に快適)

ドラゴンクエストX

DQXベンチマーク
最高品質12109(すごく快適)
標準品質12360(すごく快適)
低品質13525(すごく快適)

フレームレート検証

PUBG Lite

ベンチマークソフトを走らせるだけではなく、実際にパソコンゲームを動かしてどの程度のフレームレートを出せるか検証しました。

検証でプレイしたのは、世界的に人気の高いバトルロイヤルゲームPUBGの軽量版「PUBG Lite」。

最高画質で試したところ、平均フレームレートは170前後と非常にスムーズに動かせました。

作業の合間や休憩のタイミングで、ちょこっとゲームで遊びたい方におすすめです。

ディスプレイのリフレッシュレートが60Hzなので、高いフレームレートを出せても見た目の変化はほとんど感じられません。

DAIV 5Pレビューまとめ

DAIV 5P

最後にもう一度DAIV 5Pの特徴をおさらいします。

動画やRAWデータの書き出しが速い

持ち運びやすい約20mmの薄型ボディ

広視野角&ナローベゼルで見やすい

ゲームも遊べる高性能GPUを搭載

キーボード配列のクセが強い

用途次第でカラマネモニター必須

キーボードの配列やWebカメラの位置は気になるものの、持ち運びやすさとハイスペックを両立させているのは大きな魅力。

「14型は画面が小さくて作業しづらいけど、分厚いノートパソコンも嫌だ」

と考えている方にぴったりの1台です。

記事執筆時点では36回まで分割手数料無料のキャンペーンも開催中なので、まとまった出費を避けたい方は要チェックです。

15~20万円前後で買えるハイスペックなクリエイターノートを探している方は、DAIV 5Pを候補に入れてみてください。

DAIVがおすすめな理由
DAIVのおすすめモデルや評判を調査!購入時の注意点マウスコンピューターのDAIVをいくつか試してみたところ、クリエイターにとって使いやすいのは事実。しかし購入前に知っておくべき注意点もあります。このページはDAIVの魅力と注意点について解説。パソコンの買い替えを検討中の方は、ぜひご覧ください。...

\最大7万円OFFのセール実施中!/

マウスコンピューターのセール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。