レビュー

raytrek R5-TA6 32GBレビュー|RTX 3060搭載のハイスペックノート

raytrek R5-TA6 32GBレビュー

ドスパラが販売するクリエイターパソコン、raytrek(レイトレック)R5-TA6 32GBをお借りしました。

Core i7-11800HとRTX 3060を搭載したハイスペックモデルで、ノートPCでもがっつり動画編集をやりこみたい方におすすめです。

予算20万円くらいでクリエイター向けのPCを探している方は、ぜひご覧ください。

レイトレック R5-TA6の概要や特徴

レイトレック R5-TA6

レイトレック R5-TA6がどんなパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

動画編集など重い作業もサクサク

sRGBカバー率約98%の広色域

パソコンゲームも快適にプレイ

Thunderbolt 4を標準搭載

ターボモードはファンがうるさい

スペックやデザインなど、順にご説明します。

スペック

CPUやGPUなど、今回お借りしたパソコンの基本構成は以下の通り。

基本スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-11800H
GPUGeForce RTX 3060
メモリ32GB(16GB×2)
ストレージ1TB NVMe M.2 SSD
販売価格203,280円(消費税・配送料込)※離島除く

CPUとGPUの詳しいスペックを知りたい方は、こちらをご覧ください。

CPU-Z
CPU-Z
GPU-Z
GPU-Z

メモリは32GB、ストレージも1TBと十分な容量が搭載されています。

掲載している仕様および価格は記事執筆時点のものです。最新情報は各公式サイトにてご確認ください。

カスタマイズモデルも販売中

カスタマイズモデル

レイトレック R5-TA6は、メモリやストレージのカスタマイズに対応したモデルも販売中。

標準仕様の主なスペックは以下の通り。

基本スペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-11800H
GPUGeForce RTX 3060
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージ512GB NVMe M.2 SSD
販売価格183,280円(消費税・配送料込)※離島除く

記事執筆時点ではメモリは最大64GB、ストレージは最大4TB(2TB×2)まで増設が可能。

予算と用途に合わせて、最適なモデルを選んでください。

外観・大きさ

ここからはレイトレック R5-TA6の外観を見ていきます。

raytrek R5-TA6
raytrek R5-TA6

シルバーの天板にraytrekのロゴのみ、というシンプルなデザインです。

職場で使用していても、まったく違和感がありません。

天面
底面

底面はパソコン内部の熱を逃がすために、ところどころメッシュ状になっているため、ふさがないように気を付けましょう。

仕様上の大きさは360×244mmで、15.6型としては標準的な大きさ。

分厚さ

高さは約23mmと、やや厚みがあるものの搭載されているスペックを考えれば十分スリムに思えます。

一般的なビジネスバッグで難なく持ち運べるサイズです。

PCの重量

重量は実測で約2.0kgでした。

毎日持ち歩くには少々重たく感じるかもしれません。

ACアダプター

ACアダプター

ACアダプターは180Wの高出力タイプ。

消費電力の高いパーツを搭載しているため、そこそこ大きいです。

ACアダプターの重量

ケーブル込みの重量は約589gでした。

仕様上のバッテリー駆動時間は約6.6時間とそれなり。

数時間程度の外出ならバッテリーだけでまかなえそうですが、重い作業をするときは基本的にACアダプター必須と考えたほうがよいでしょう。

インターフェイス

ここからは各種インターフェイスを見ていきます。

まずは本体の左側から。

左側のインターフェイス
  • ケンジントンロック
  • USB3.2 Gen2
  • マイク
  • イヤホン

右側にもUSBポートなどが用意されています。

右側のインターフェイス
  • SDカードリーダー
  • USB 3.2 Gen1 ×2

電源ケーブルや外部モニターとの接続端子は背面にあります。

背面のインターフェイス
  • Thunderbolt 4
  • HDMI 2.1
  • LAN
  • 電源

Thunderbolt 4は最大40Gbpsの通信に対応。

対応製品をお持ちであれば、重たいデータも高速でやりとりが可能です。

さらにBluetooth 5.1はもちろん、最新通信規格のWi-Fi 6にも対応。

有線LANポートも用意されていますが、無線でも快適に大容量データのやりとりが可能です。

キーボード

キーボード

キーボードはテンキーつき日本語配列の102キー。

今までのレイトレックはキー配列にクセのあるモデルが多かったのですが、打ちやすい配列に進化しています。

左側の配列
右側の配列

テンキーを多用する方は、0の位置が右にずれているので最初は戸惑うかもしれません。

電源ボタンの左側に用意されているのは、モードチェンジボタン。

モードチェンジボタン

プリインストールされているControl Centerからモードを変えることもできます。

重たい作業をするときはターボモードがおすすめですが、ファンの回転音はかなり大きいので要注意。

Control Center
Control Center

バックライトの色や明るさ、発光パターンも変えられます。

キーごとに色を変えるような、細かいカスタマイズには対応していません。

タッチパッド

タッチパッドは一体型で、サラサラとした質感で使いやすいです。

指紋認証などの機能は非搭載です。

ディスプレイ

ディスプレイ

ディスプレイは15.6インチのフルHD(1,920×1,080)解像度。

リフレッシュレートも60Hzと標準的なスペックです。

ふちの薄いナローベゼルかつノングレア(非光沢)仕様で、視野角も十分広く感じました。

仕様上に記載がないので推測にはなりますが、パネルはIPSまたは同等レベルの製品と思われます。

Webカメラ

ディスプレイ上部にはWebカメラも搭載。

ビデオ通話やオンライン会議などの用途で活躍します。

最大開閉時

ディスプレイは最大でここまで開きます。

sRGBカバー率約98%

色域のグラフ
ガンマカーブ

i1 Profilerでディスプレイの色域をチェックした結果は以下の通り。

レイトレック R5-TA6の色域
  • sRGBカバー率:98.2%
  • AdobeRGBカバー率:75.9%

sRGBカバー率は、ほぼ100%といってしまって問題なさそうです。

クリエイターPCとしては十分な色域の広さといえるでしょう。

写真やイラストなど、Webで完結する作業なら業務レベルでも使用可能。

AdobeRGBカバー率は少し低めなので、印刷を前提とした業務では、さすがにカラーマネジメントモニターが必要です。

クリエイティブ性能の検証

raytrek R5-TA6

ここからは実際にraytrek R5-TA6でクリエイティブ系ソフトウェアを動かして、どれくらい快適に作業できるのかを検証しました。

検証時はControl Centerで「ターボモード」に設定しています。

動画編集

動画編集

まずはPremiere Proで動画編集を試しました。

パワフルなCPUとGPU、さらにメモリが32GBも搭載されているため、Youtube動画を作る程度の作業ならまったくストレスを感じません。

複数の動画をつなげたり、テロップやエフェクトを加えるなど、処理の遅延を感じることなく快適に作業できます。

4K動画の編集やAfter Effectsなどをフル活用すると、さすがに多少重くなる場面はありそうです。

書き出し速度の検証

4K動画の書き出しに、どれくらい時間がかかるかも検証しました。

検証のために用意したのは、GoPro HERO7 Blackで撮影した4K 60fpsの動画データ。

書き出し条件とかかった時間は以下の通り。

H.264(Youtube 1080p FHD)22:41
H.264(Youtube 2160p 4K UHD)6:32

4KからフルHDへの書き出しには少し時間がかかりましたが、ノートPCとしては十分すぎるほど速いです。

クリエイター向けのデスクトップPCなら同条件で5分を切るモデルもあり、さすがに差はあります。

RAW現像

RAW現像

続いてLightroomでRAWデータの書き出し速度をチェックしました。

書き出し条件は以下の通り。

Lightroomの書き出し条件
画像形式JPEG
画質100
カラースペースsRGB
画像のサイズ未調整(撮影データそのまま)
解像度350
メタデータすべてのメタデータ
(人物情報や撮影場所の情報は削除)

画素数別にそれぞれ100枚を書き出して、かかった時間を計測した結果がこちら。

画素数別 RAW現像の処理速度
4575万画素
Nikon D850
2:12
3635万画素
Nikon D810
1:33
2420万画素
SONY α7 III
1:05
2020万画素
Canon G7 X
0:50

想像以上に速くて驚きました。

デスクトップ向けのハイエンドCPU、Core i9-11900Kと肩を並べる書き出し速度です。

日々時間に追われているプロカメラマンも安心して使える性能です。

レタッチもそこそこ快適

Photoshop

Photoshopでフィルター適用時の処理速度をチェックしました。

高画素データはさすがに処理に数秒程度かかるものの、一般的なノートパソコンと比べれば爆速です。

トーンカーブや色味の調整など、何十枚とレイヤーを重ねるような画像処理も快適に作業できます。

イラスト・マンガ

IllustratorとCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)も動かしてみました。

Illustrator
Illustrator
クリスタ
クリスタ

Illustratorではちょっとしたロゴを作ったり、高解像度の写真データを埋め込んだチラシ用の印刷データを整えるなど、いずれもサクサク動かせます。

ファイルサイズが数GBを超えるような重たいデータでない限り、スムーズに動かせるでしょう。

クリスタも処理の遅延を感じることなくサックサクに動かせました。

ペイントソフトは動作の軽いものが多く、イラストやマンガの制作がメインならもっとスペックの低いPCでも快適に動かせます。

各種ベンチマーク結果

raytrek R5-TA6

各種クリエイティブソフトを快適に動かせることがわかったところで、ここからは各種ベンチマークソフトの検証結果をご紹介します。

まずはパソコンの総合的な性能をチェックするPC Mark10を試した結果がこちら。

PC Mark10

一般的な薄型ノートPCだと「Digital Content Creation」のスコアは4,000~5,000前後なので、9,000越えは素晴らしいです。

各種クリエイティブ用途はもちろん、ExcelやWordなどの事務作業、ゲームもサクサクこなせるスペックです。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20

主なCPUをCINEBENCH R20のスコアで比較してみると以下の通り。

CINEBENCH R20 スコア比較
Core i7-11700
5,442
Ryzen 9 5900HS
4,336
Core i7-11800H
4,205
Core i7-10875H
3,932
Core i5-11400F
3,884

デスクトップ向けCPUのCore i7-11700とはさすがに差があるものの、ノートPC向けCPUとしては間違いなくトップレベルの性能です。

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Mark

CrystalDiskMarkでストレージの転送速度をチェックしたところ、読み込みで3,148MB/sと素晴らしいスコアでした。

書き込みはわずかに速度が落ちるものの、実用上気になることはないでしょう。

一般的なSSD(SATA)やHDDと平均的な転送速度を比較すると、以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

ハイエンドクラスのNVMe M.2 SSD(Gen4)なら、読み込み速度が7,000MB/sを超えるものもあります。

Fire Strike

Fire Strike

3DMarkのFire Strikeのスコアを比較すると以下の通り。

Fire Strike スコア比較
RTX 3060
19,807
RTX 2060 SUPER
18,070
RTX 3060 Laptop
17,772
GTX 1660 Ti
14,563
RTX 3050 Ti
9,866

ノートPC向けのRTX 3060ということもあり、デスクトップ向けと比べると少しスコアが落ちました。

動画編集やRAW現像などの用途であれば、十分すぎるほどの性能です。

VR Mark

参考までに、VR Markの各種スコアはご覧の通り。

Orange Room
Orange Room
Cyan Room
Cyan Room
Blue Room
Blue Room

重量級のVRゲームでなければ、快適に動かせそうです。

VRゲームをプレイするには、別売りのヘッドマウントディスプレイが必要です。

オンラインゲーム

定番のベンチマークソフトも走らせました。

解像度は1,920×1,080(フルHD)に設定したところ、重量級ゲームのFF15が最高画質で「快適」という結果でした。

クリエイター向けのPCではありますが、PCゲームも普通に動かせてしまいます。

グラフィックが軽めのFF14なら最高画質でサックサクです。

FF15

FF15
高品質8500(快適)
標準品質11035(とても快適)
軽量品質13250(非常に快適)

FF14 暁月のフィナーレ

FF14 暁月のフィナーレ
最高品質16426(非常に快適)
高品質19143(非常に快適)
標準品質21783(非常に快適)

フレームレート検証

フォートナイト

実際にフォートナイトを動かしてどの程度のフレームレートを出せるか検証しました。

最高画質~低画質の平均フレームレートは以下の通り。

フォートナイトの平均フレームレート
最高画質
136fps
高画質
189fps
中画質
221fps
低画質
284fps

いずれもレンダリングモードはDirectX 11で、3D解像度は100%に設定して検証した結果です。

RTX 3060が搭載されていることもあり、最高画質でも快適にプレイできます。

低画質まで落とせば300近くまでフレームレートは伸びるものの、モニターのリフレッシュレートが60Hzなので映像には反映されません。

ゲームもしっかりやりたい方は、ゲーミングモニターにつなげてプレイすることをおすすめします。

オールマイティーに活躍するノート

raytrek R5-TA6

レビューのまとめとして、レイトレック R5-TA6の特徴を再度おさらいしておきます。

動画編集など重い作業もサクサク

sRGBカバー率約98%の広色域

パソコンゲームも快適にプレイ

Thunderbolt 4を標準搭載

ターボモードはファンがうるさい

約20万円といいお値段ではありますが、投資に見合った価値を十二分に実感できるハイスペックマシンです。

動画や写真、イラストにゲームなど、ノートPC1台でいろいろやりたい方にとって、頼もしい相棒になってくれることでしょう。

記事執筆時点では48回まで分割手数料が無料になるキャンペーンが実施中で、翌日出荷という超スピード納品にも対応。

幅広く活躍するクリエイター向けPCを探している方は、検討してみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。