レビュー

DAIV 5Dレビュー|デスクトップCPU搭載のハイスペックノート

DAIV 5D

マウスコンピューターが販売するクリエイターパソコン、DAIV 5Dをお借りしました。

デスクトップパソコン用のハイスペックCPUを搭載、さらに119,800円~という手の届きやすい価格帯が魅力のモデル。

動画編集やRAW現像、イラストなどの各種用途でどれくらい快適に使えるのか、じっくり検証しました。

コスパの高いクリエイターノートを探している方は、ぜひご覧ください。

DAIV 5Dの概要や特徴

DAIV 5D

DAIV 5Dがどういったパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

119,800円~の高コスパモデル

デスクトップ用高性能CPUを搭載

動画編集やRAW現像がサクサク

sRGBカバー率100%の広色域

ディスプレイのベゼルが太め

持ち運ぶには分厚くて重たい

職場や自宅など、据え置きで使うことが多い方におすすめしたいクリエイターノートです。

手の届きやすい価格帯で、はじめてのクリエイターPCとしてもおすすめ。

スペック

CPUやグラフィックカード(GPU)など、今回お借りしたパソコンの基本構成は以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i5-9400
GPUGeForce MX250
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージM.2 SSD 256GB(SATA接続)

CPUは第9世代のCore i5を搭載。

デスクトップパソコン用CPUということもあり、最大消費電力(TDP)は65Wと高め。

詳しいスペックを知りたい方は、CPU-Zの結果をご覧ください。

CPU-Zの結果

グラフィックカードはGeForce MX250を搭載。

動画編集やRAW現像などで役立つほか、ちょっとしたパソコンゲームも動かせます。

GPU-Zの結果は以下の通り。

GPU-Zの結果

メモリも16GB(8GB×2)搭載されているため、各種クリエイティブ系ソフトをスムーズに動かせます。

ストレージは標準仕様だと256GBしか搭載されていないため、用途に合わせてカスタマイズがおすすめ。

外観・大きさ

ここからはDAIV 5Dの外観を見ていきます。

5Dの外観
5Dの外観

程よくツヤのあるシルバーの天板に、DAIVのロゴマークのみというシンプルなデザイン。

可もなく不可もなく、スタンダードなノートパソコンといった見た目です。

天板
底面

仕様上の大きさは378×250mmと、今どきの15.6型として考えると若干大きめ。

分厚さも31.1mm(突起部含まず)あるため、収納部が小さめのバッグだと入りきらない可能性があります。

持ち運ぶ前提で考えている方は、事前にバッグの大きさを確認しておきましょう。

PCの重量

重量は実測で約2.2kg。

カバンに入れると、ずっしりと重みを感じます。

ACアダプター

ACアダプター

ACアダプターは120Wのものが付属。

一般的な薄型ノートパソコンのACアダプターと比べると、かなり大きいです。

ACアダプターの重量

重量もACアダプター単体で約500gあるため、パソコンと一緒に持ち歩くのは大変。

とはいえ仕様上のバッテリー駆動時間は約5.4時間しかないため、外出先でパソコンを使う予定があるなら、なるべくACアダプターも持ち歩きましょう。

事務作業程度ならバッテリーだけで2時間くらいは持ちそうですが、写真や動画を編集するならACアダプター必須。

着脱式バッテリー

バッテリーは取り外しが可能です。

ラインナップ

DAIV 5D

DAIVのノートパソコンはディスプレイサイズやスペックによって、細かくラインナップが分かれています。

DAIVのノートパソコン
シリーズ大きさCPUGPU価格(税別)
3N13.3型Core i7-8709GRadeon RX Vega M GH179,800円〜
4N14型Core i7-8565UGeForce MX250139,800円〜
5D15.6型Core i5-9400GeForce MX250119,800円〜
5P15.6型Core i7-9750HGeForce GTX1650149,800円〜
5N15.6型Core i7-9750HGeForce RTX2060179,800円〜
5N-OLED15.6型Core i7-9750HGeForce RTX2060229,800円〜
7N17.3型Core i5-9400GeForce RTX2080359,800円〜

今回お借りした5Dは数あるDAIVのノートパソコンの中で、もっとも価格が安いモデル。

カスタマイズでCPUをCore i7-9700にアップグレードしたり、メモリやストレージの容量を増やすことも可能です。

同じ15.6型でも薄型の5P、よりハイスペックな5Nもあるので、予算や用途に合わせてぴったりな1台を見つけましょう。

セールやキャンペーンを要チェック

マウスのセール

DAIVの購入を真剣に考えている方は、マウスコンピューターのセール情報を必ずチェックしましょう。

人気モデルが数万円単位で安くなっていることも多く、非常にお得です。

時期によってセールの対象モデルは変わるので、こまめに公式サイトをチェックすることをおすすめします。

インターフェイス

ここからはDAIV 5Dのインターフェイスを見ていきます。

左側面のインターフェイス
  • D-Sub
  • HDMI
  • USB3.0 Type-C
  • USB3.0
  • USB2.0

最近見かけることが少なくなってきたD-Sub端子を標準搭載。

D-SubとHDMIそれぞれにモニターをつなげれば、最大2画面の同時映像出力も可能。

D-Subは1,920×1,200(1,677万色)、HDMIなら最大3,840×2,160(1,677万色)で出力できます。

USBポートがType-C含めて3つあるのも便利です。

右側面のインターフェイス
  • カードリーダー
  • ヘッドホン
  • マイク
  • USB2.0
  • LAN
  • 電源

右側にはカードリーダーやLANポートなどがあります。

背面のインターフェイス

背面に端子類は何もありません。

キーボード

キーボード

キーボードはテンキーつきの日本語配列(107キー)で、キーピッチは約18mmと標準的。

キーストロークは約1.8mmで、ノートパソコンとしてはしっかり打ち込める感覚があります。

左側の配列
右側の配列

テンキーの「0」がひとつ右にずれている点以外、目立ったクセもなくタイピングしやすい配列です。

タッチパッド

タッチパッドは分離式で、指紋認証などの機能は非搭載。

バックライトの設定画面

バックライトはプリインストールされているコントロールセンターから明るさを細かく設定可能。

単色バックライト(ホワイトLED)のため、カラフルに光らせることはできません。

ディスプレイ

ディスプレイ

ディスプレイは15.6型のフルHD(1,920×1,080)解像度。

ノングレア(つや消し)仕様で蛍光灯などが映り込みにくいため、とても見やすいです。

ただ、最近流行りのナローベゼル(狭額縁)ではありません。

各メーカーから販売されている最新ノートパソコンは軒並みナローベゼルなので、見た目のカッコよさやスタイリッシュさという点では少々劣ります。

最大開閉時

ディスプレイは最大でここまでしか開きません。

ノートパソコン用のスタンドを使われている方だと少々使いづらそう。

ディスプレイはタッチパネルにも非対応です。

sRGBカバー率100%

色域のグラフ
ガンマカーブ

i1 Profilerでディスプレイの色域をチェックした結果は以下の通り。

DAIV 5Dの色域
  • sRGBカバー率:100%
  • AdobeRGBカバー率:87.2%

ガンマカーブが少々乱れているためキャリブレーションは必須ですが、動画やWeb用途なら業務でも十分使えるレベルです。

写真をプリントする方はもちろん、DTPなどの用途で使うにはカラーマネジメントモニターが必須。

とはいえ一般的な薄型ノートパソコンと比べれば、かなりの広色域。

肉眼でもとてもきれいに感じます。

クリエイティブ性能の検証

DAIV 5D

ここからはパソコンに負荷のかかる各種クリエイティブ用途で、DAIV 5Dの性能をチェックした結果をご紹介します。

クリエイティブ用途に限らず、パソコンに負荷のかかる作業をするときは事前にパフォーマンス設定の見直しがおすすめ。

コントロールセンター

DAIV 5Dにプリインストールされているコントロールセンターを開いて、用途に合ったモードを選びましょう。

動画編集やRAW現像をするときは「Performance」、ACアダプターをつなげられないときは「Power Saving」など、用途に合わせて選べます。

Photoshop

Photoshop

まずは画像加工ソフトの代名詞的存在、Photoshopを試しました。

各種フィルターの適用や画像のトリミング、色味調整など、Nikon D850で撮影した高画素データをサクサク処理できました。

今回お借りしたモデルはメモリ16GB、GPUにGeForce MX250も搭載しているため、重めのレタッチでも十分使えそうです。

Lightroom

Lightroom

続いてLightroomでRAWデータの書き出し速度をチェック。

画素数別に100枚を書き出して、かかった時間を計測しました。

画素数別 RAW現像の処理速度
4575万画素
Nikon D850
4:22
3635万画素
Nikon D810
3:12
2420万画素
SONY α7III
2:33
2020万画素
Canon G7 X
2:02

飛びぬけて速くはないものの、実務上はまったく問題ないスコアです。

ちなみに別のデスクトップパソコンで検証したところ、Core i7-9700ならD810のRAWデータ100枚を2:12で書き出せました。

1分1秒が惜しいプロカメラマンは、CPUをCore i5-9400からCore i7-9700にアップグレードしたほうが効率アップにつながります。

Lightroomの書き出し条件は以下で統一しています。

Lightroomの書き出し条件
画像形式JPEG
画質100
カラースペースsRGB
画像のサイズ未調整(撮影データそのまま)
解像度350
メタデータすべてのメタデータ
(人物情報や撮影場所の情報は削除)

Premiere pro

Premiere pro

Premiere Proで動画編集も試しました。

不要なシーンをカットしたり、テロップや効果音を付けるなどスムーズに動かせました。

After effectで演出を作りこんだり、4K動画の編集も考えている方は、メモリを32GBまで増やすことも考えてみてください。

16GB→32GBへのアップグレードは記事執筆時点だと14,800円~(税別)です。

4K動画の書き出し

4K動画の書き出しに、どれくらい時間がかかるかも検証しました。

検証のために用意したのは、GoPro HERO7 Blackで撮影した4K 60fpsの動画データ。

書き出し条件とかかった時間は以下の通り。

H.264 Youtube 1080p FHD12:22
H.264 Youtube 2160p 4K UHD13:35

一般的な薄型ノートパソコンだと40分以上かかることもザラなので、さすがはクリエイターPCです。

ただし、動画書き出し中はほかの作業も重くなるため、パソコンから離れるタイミングで書き出すことをおすすめします。

Illustrator

Illustrator

Illustratorも動かしてみました。

ちょっとしたロゴを作ったり、名刺の印刷データを整えたりする程度ならサクサク動かせます。

今回試した限りでは、重めのデータも難なく動かせました。

CLIP STUDIO PAINT

CLIP STUDIO PAINT

最後にイラスト用途としてCLIP STUDIO PAINTも試しました。

使用したペンタブはWacomのIntuos Small。

ペンタブへの慣れは必要なものの、iPad Proなどのタブレットより大きな画面で操作できます。

各種ベンチマーク結果

DAIV 5D

各種クリエイティブソフトをスムーズに動かせることがわかったところで、ここからは各種ベンチマークソフトの検証結果をご紹介します。

まずはパソコンの総合的な性能をチェックするベンチマークソフト、PCmark 10のスコアは4,049でした。

PCmark 10のスコア

一般的な薄型ノートパソコンだと3,300~3,600前後のスコアが多いため、なかなかの高スコアです。

クリエイティブ用途はもちろんのこと、ExcelやWordなどの事務作業も快適にこなせます。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH

CINEBENCH R15とR20でCPUの性能をチェックしてみた結果は以下の通り。

R15
CINEBENCH R15
R20
CINEBENCH R20

当サイトで検証したCINEBENCH R15のスコアをグラフにまとめました。

CINEBENCH R15 スコア比較
Core i7-9750H
1280
Core i5-9400
941
Core i7-10510U
694
Core i7-8565U
563

デスクトップパソコン向けCPUだけあって、薄型ノートパソコン向けの最新CPU、Core i7-10510Uより高いスコアが出ています。

とはいえノートパソコン向けのハイエンドCPU、Core i7-9750Hには敵いません。

Crystal Disk Mark

CrystalDiskMarkでストレージの転送速度をチェックしたところ、読込で約500MB/sとSATA接続のM.2 SSDとしては標準的なスコアでした。

Crystal Disk Mark

一般的なSSD(SATA)やHDDと平均的な転送速度を比較すると以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

NVMeに対応したハイエンドクラスのM.2 SSDなら読込で3,000MB/sを超えますが、価格もグンと高くなります。

Gen4に対応したM.2 SSDは今のところ第3世代RyzenとX570チップセットのマザーボードの組み合わせでないと使えません。

Fire Strike

Fire Strike

主にパソコンゲームを動かすうえで重要な指標となる、3DMarkのFire Strikeを走らせたところスコアは3,351でした。

主なGPUとスコアを比較すると以下の通り。

Fire Strike
GeForce GTX1050
5,436
GeForce MX250
3,351
GeForce MX150
2,770
Intel UHD Graphics 620
1,141

CPU内蔵型のIntel UHD Graphics 620と比べると約3倍のスコア。

高画素のRAWデータを現像するときや動画編集などで役立ちますが、最新3Dゲームを最高画質でサクサク動かせるほどのパワーはありません。

オンラインゲーム

有名オンラインゲームのベンチマークソフトも走らせました。

いずれも解像度は1920×1080(フルHD)のノートパソコンに設定。

FF14は最高品質で「快適」、ドラクエXも最高品質で「とても快適」という結果でした。

ゲーム用途のノートパソコンではないものの、軽めのゲームならそれなりに動かせます。

FF14 漆黒の反逆者

FF14のベンチ-マーク
最高品質3878(快適)
高品質5559(とても快適)
標準品質8292(非常に快適)

ドラゴンクエストX

DQXベンチマーク
最高品質7820(とても快適)
標準品質8438(とても快適)
低品質9232(とても快適)

フレームレート検証

PUBG Lite

ベンチマークソフトを走らせるだけではなく、実際にパソコンゲームを動かしてどの程度のフレームレートを出せるか検証しました。

検証でプレイしたのは、世界的に人気の高いバトルロイヤルゲームPUBGの軽量版「PUBG Lite」。

最高画質で試したところ、平均フレームレートは58前後。

60には一歩届かないものの、カクつきを感じることもなくスムーズに遊べました。

作業の合間や休憩のタイミングで、ちょこっとゲームで遊びたい方におすすめ。

DAIV 5Dレビューまとめ

DAIV 5D

最後にもう一度DAIV 5Dの特徴をおさらいします。

119,800円~の高コスパモデル

デスクトップ用高性能CPUを搭載

動画編集やRAW現像がサクサク

sRGBカバー率100%の広色域

ディスプレイのベゼルが太め

持ち運ぶには分厚くて重たい

太めのベゼルや大きめボディが気にならなければ、とてもコスパの高いモデルです。

DAIVのほかのモデルをはじめ、クリエイターPCは総じて価格が高めなので約12万円~で買えるのもお買い得。

一般的なノートパソコンと比べて、職場や自宅での作業がすこぶる快適になります。

記事執筆時点では36回まで分割手数料無料のキャンペーンも開催中なので、まとまった出費を避けたい方は要チェックです。

動画編集やイラスト、RAW現像など、幅広い用途で使えるクリエイターノートを探している方は、DAIV 5Dを候補に入れてみてください。

\最大7万円OFFのセール実施中!/

マウスコンピューターのセール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。