レビュー

DAIV Z7レビュー|動画に写真に活躍する万能モデル

DAIV Z7

マウスコンピューターが販売するクリエイターパソコン、DAIV Z7をお借りしました。

Core i7とRadeon RX 5700を搭載した、数あるDAIVラインアップの中でも人気の高い売れ筋モデル。

写真や動画の編集など、各種クリエイティブ用途がどれくらい快適になるのかじっくり検証しました。

デスクトップパソコンの購入を検討中の方は、ぜひご覧ください。

DAIV Z7の仕様や特徴

DAIV Z7

DAIV Z7がどういったパソコンなのか、特徴を整理すると以下の通り。

動画や写真など幅広い用途で活躍

取っ手とキャスターで持ち運びも楽

カスタマイズの選択肢が幅広い

人気ゲームも高画質でプレイ可能

購入後はパーツ交換が少々大変

詳しいスペックなど、順にご紹介します。

スペック

CPUやグラフィックカード(GPU)など、パソコンの基本構成は以下の通り。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-9700
GPUAMD Radeon RX 5700
メモリ16GB(8GB×2)
ストレージNVMe M.2 SSD 256GB
HDD 2TB
価格159,800円~

CPUは第9世代のCore i7-9700で、8コア8スレッドで動作周波数は3.00GHz(最大4.70GHz)とデスクトップ向けCPUとしてはハイクラス。

スペックの高さゆえに最大消費電力(TDP)も65Wと高めです。

詳しいスペックが気になる方は、CPU-Zの結果をご覧ください。

CPU-Zの結果

GPUはミドルハイクラスのRadeon RX 5700を搭載。

GeForce RTX2060 SUPERのライバルにあたるグラフィックカードで、GPU-Zの結果は以下の通り。

GPU-Zの結果

ストレージはHDDが2TBとたっぷり仕様なので、RAWデータや動画素材を大量に保存したい方も安心。

メモリも16GBあるため、4K動画をがっつり編集するような重い作業でない限り、ストレスを感じる場面は少ないでしょう。

ケース外観

ケース外観

ここからはケースの外観を見ていきます。

シンプルなデザインに、うっすらとDAIVのロゴマークが浮かびます。

指紋の目立ちにくいマットな質感で、高級感のある素材が使われています。

ケース外観

仕様上の大きさは49cm×49cm×19cmと、そこそこ大きめ。

本体重量も約10.3kgとヘビー級です。

DAIVのデスクトップパソコンは、持ち運び用の取っ手がついているのが特徴的。

持ち運び用の取っ手
標準搭載のキャスター

Z7はキャスターも標準搭載されているため、パソコンを頻繁に移動したり、スタジオなどに持ち込むときも便利です。

着脱式メッシュパネル

本体前面には着脱式のメッシュパネルが使われていて、マグネットで簡単に取り外せます。

メッシュパネル
メッシュパネル

防塵フィルターは水洗い可能。

デスクトップパソコンは構造上どうしてもホコリがたまるので、サッと取り外せてメンテナンスできるのは便利です。

インターフェイス

ここからは各種インターフェイスを見ていきます。

前面
後面

右側にある丸いダイヤル式スイッチが電源で、右方向に軽く回すと電源が入ります。

前面のインターフェイス

Type-A形状のUSB3.0が2つ、マイクやイヤホンのジャックも前面パネルにそろっていて使い勝手が良いです。

背面の主なインターフェイスは以下の通り。

背面の主な入出力端子
  • DisplayPort ×3
  • HDMI ×1
  • PS/2 Mini DIN 6ピン ×1
  • USB3.0 ×6
  • USB3.1 Type-A ×1
  • USB3.1 Type-C ×1

標準仕様だと無線LANは非搭載なので、必要な方は追加オプションで無線LANの拡張カード(+5,800円)を選びましょう。

Amazonなどで外付けの無線LAN用アダプターを別途購入するのもひとつです。

カスタマイズ

ケース内部

ケースの側面にファンが追加された関係で、メモリやストレージなどのパーツを後から交換・増設するのが少々大変になりました。

ある程度パソコンの知識がないと、もとに戻せなくなるリスクがあるので、注文時のカスタマイズがおすすめ。

Z7に限らず、DAIVは予算と用途に合わせてパーツの構成を細かくカスタマイズできるのが大きな魅力。

標準仕様のままでもまったく問題ありませんが、予算に余裕がある方は追加オプションを考えてみてください。

何をどのようにカスタマイズすべきか、ポイントをお伝えします。

カスタマイズで選べるパーツは時期によって変わる可能性があります。最新情報は公式サイトの見積もり画面にてご確認ください。

CPUクーラー

CPUクーラー

CPUクーラーは標準仕様だとシングルファンの空冷式が搭載されています。

朝から晩までパソコンをフル稼働させるような方は、できれば冷却性能が高くて音も静かな水冷CPUクーラーを選びたいところ。

事務作業やブラウジングがメインなら、標準仕様のCPUクーラーで問題ありません。

CPUグリス

CPUクーラーのアップグレードは少々値段が高いので、予算を抑えたいならグリスだけ変えるのがおすすめ。

2,000円弱の投資で、CPU温度が数度は下がるのでコスパ抜群です。

グラフィックカード

グラフィックカード

グラフィックカードはGeForce RTX2060 SUPERに変更できますが、+26,800円と高額。

ゲームもがっつり遊びたい方は候補に入れたいところですが、クリエイティブ用途がメインならRadeon RX5700で不満を感じる場面はないでしょう。

メモリ

メモリ

メモリは標準仕様だと16GB(DDR-2400)が搭載されています。

16GB(DDR-2666)へのアップデートは体感ではほとんど差を感じられないので、積極的にはおすすめしません。

写真やイラストがメインなら標準仕様(16GB)のまま、動画がメインの方は32GBへの増設がおすすめです。

ストレージ

ストレージ

ストレージは選択肢が豊富です。

メインストレージのNVMe SSDは256GBですが、余裕があれば512GBや1TBに増やしておきましょう。

HDDとは転送速度が段違いなので、日々の作業効率がグンと上がります。

SATAタイプのSSDやHDDも選べるので、保存するデータ量に合わせて最適なストレージを選びましょう。

こだわりがなければ標準仕様のままで問題ありません。

電源

電源

電源は700W(80PLUS BRONZE)のものが使われています。

パソコンにとって心臓部となるパーツなので、予算に余裕があれば電力変換効率の高い80PLUS GOLDへのアップグレードを考えてみてください。

各グレードの電気変換効率を表にまとめると以下の通り。

80PLUS 変換効率のちがい
負荷率20%50%100%
STANDARD80%80%80%
BRONZE82%85%82%
SILVER85%88%85%
GOLD87%90%87%
PLATINUM90%92%89%
TITANIUM92%94%90%

グレードの高い電源ほど発熱を防げるため、パソコンの故障率を(理論上は)下げられます。

後々グラフィックカードのアップデートを視野に入れているなら、800Wや1200Wに変えておくと便利ですが、ほとんどの方には必要ないでしょう。

クリエイティブ性能の検証

ここからは実際にDAIV Z7で各種ソフトウェアを動かして、どれくらい快適に作業できるかを見ていきます。

検証に使用したソフトは以下の5つで、いずれもWQHD解像度(2560×1440)のカラーマネジメントモニターを使用しました。

  1. Photoshop
  2. Lightroom
  3. Premiere pro
  4. Illustrator
  5. CLIP STUDIO PAINT

順にご紹介します。

Photoshop

Photoshop

まずは画像加工ソフトの代名詞的存在、Photoshopでテスト。

7,360×4,912ピクセルの写真データを軽めにレタッチしてみたところ、処理が重くなるような場面は一切ありませんでした。

トーンカーブや色味の調整など、何十枚とレイヤーを重ねるようなレタッチでもスムーズに動かせるでしょう。

各種フィルター類の適用も試したところ、いずれも2~3秒で処理が完了。

さすがに多少の時間がかかるものの、7,360×4,912ピクセルのデータをほんの数秒で処理できるなら合格点です。

Lightroom

Lightroom

続いてLightroomでRAWデータの書き出し速度をチェック。

書き出し条件は以下の通り。

Lightroomの書き出し条件
画像形式JPEG
画質100
カラースペースsRGB
画像のサイズ未調整(撮影データそのまま)
解像度350
メタデータすべてのメタデータ
(人物情報や撮影場所の情報は削除)

画素数別にそれぞれ100枚を書き出して、かかった時間を計測しました。

画素数別 RAW現像の処理速度
4575万画素
Nikon D850
2:51
3635万画素
Nikon D810
2:03
2420万画素
SONY α7 III
1:33
2020万画素
Canon G7 X
1:15

画素数が多くなるほど、書き出しにかかる時間も長くなります。

D850のRAWデータ100枚を約2分で書き出せるなら、かなり優秀です。

Lightroomの書き出しは基本的に高性能なCPUほど速くなるため、1秒でも早く書き出したいならCore i9搭載モデルを候補に入れてみてください。

写真用パソコンの選び方
RAW現像におすすめ|写真用パソコンを選ぶときの注意点RAW現像をしているとき、パソコンの処理が遅いと感じたことはありませんか? 「等倍表示するのに数秒待たされる・・・」 「jp...

Premiere pro

Premiere pro

動画編集の性能をPremiere Proでチェック。

高性能なCPUとGPUが搭載されていて、さらにメモリも16GBあるので、終始スムーズに編集できました。

HDDが標準仕様で2TBあるので、動画素材をたくさん保存できるのも便利です。

4K動画の書き出しに、どれくらい時間がかかるかも検証しました。

検証のために用意したのは、GoPro HERO7 Blackで撮影した4K 60fpsの動画データ。

書き出し条件とかかった時間は以下の通り。

H.264(Youtube 1080p FHD)3:54
H.264(Youtube 2160p 4K UHD)4:13

一般的な薄型ノートパソコンだと4K動画の書き出しに40分以上かかることもザラなので、Z7の書き出しは爆速です。

動画編集用のパソコンとして大活躍します。

動画編集におすすめのパソコン
動画編集におすすめ!パソコンの選び方と購入時の注意点スマホさえあれば、誰でも簡単に動画を配信できる便利な時代になりました。 とはいえ高画質かつ演出にもこだわった動画を作るには、パソコ...

Illustrator

Illustrator

Illustratorをスムーズに動かせるかどうかもチェック。

ちょっとしたロゴを作ったり、高解像度の写真データを埋め込んだチラシ用の印刷データを整えたり、いずれもスムーズに動かせました。

ファイルサイズが数GBを超えるような重たいデータを扱わない限り、サクサク動かせるでしょう。

CLIP STUDIO PAINT

CLIP STUDIO PAINT

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)も動かしてみたところ、まったく問題なく動かせました。

使用したペンタブはワコムのIntuos Small。

サンプルの絵が下手くそなのは筆者の仕様です。

クリスタはもともと動作が軽いので、イラストやマンガの制作がメインならスペックをもう少し落としてもよさそうです。

イラスト制作におすすめのパソコン
イラスト・マンガ制作におすすめのパソコンと選び方の注意点「パソコンでイラストを描いてみたい!」 と考える方は多いものの、いざパソコンを選ぶとなるとよくわからない専門用語がたくさん並んでい...

各種ベンチマーク結果

各種クリエイティブソフトを快適に動かせることがわかったところで、ここからは各種ベンチマークソフトの検証結果をご紹介します。

計測結果はいずれも当サイトで検証したものなので、あくまで参考程度にお考えください。

CINEBENCH

R15
R15
R20
R20

まずはCINEBENCH R15でCPUの性能をチェックしてみたところ、1,411cbという結果でした。

当サイトで検証した主なCPUのスコアと比較すると以下の通り。

CINEBENCH R15
Core i7-9900K
2010
Core i7-9800X
1807
Core i7-9700
1411
Core i7-8700
1334

Core i7-9700のスコアとしては平均的です。

Crystal Disk Mark

CrystalDiskMarkでストレージの転送速度をチェックしたところ、M.2 SSDはなかなか優秀なスコアが出ました。

M.2 SSD

M.2 SSD

HDD

HDD

HDDは標準的な速度です。

一般的なSSD(SATA)やHDDと平均的な転送速度を比較すると、以下の通り。

ストレージの転送速度
NVMe M.2 SSD
(Gen4)
5,000
NVMe M.2 SSD
3,000
SSD(SATA)
550
HDD
120

NVMe M.2 SSD(Gen4)は、今のところ第3世代のRyzenとX570チップセットのマザーボードの組み合わせという限られた環境下でしか使えません。

Fire Strike

Fire Strike

主にパソコンゲームを動かすうえで重要な指標となる、3DMarkのFire Strikeを走らせたところ、スコアは19,479でした。

RTX2070 SUPERとRTX2060 SUPERの中間という、順当なスコアでした。

Fire Strike
RTX2070 SUPER
20,925
Radeon RX5700
19,479
RTX2060 SUPER
18,668
GTX1660 SUPER
14,177

動画や写真の編集がスムーズになるのはもちろん、最新3Dゲームもサクサク動かせます。

VR Mark

VR Markの各種スコアはご覧の通り。

Orange Room
Orange Room
Cyan Room
Cyan Room
Blue Room
Blue Room

重めのVRゲームも快適に動かせるスコアです。

Steam VRパフォーマンステスト

Steam VRパフォーマンステスト

Steam VRパフォーマンステストも、最高スコアの「レディ」を叩き出しました。

オンラインゲーム

有名オンラインゲームのベンチマークソフトも走らせました。

解像度は1920×1080(フルHD)に設定したところ、重量級ゲームのFF15を最高画質で快適に動かせることがわかりました。

グラフィックが軽めのFF14やドラクエXなら、WQHDなどの高解像度モニターでもサクサク動かそうです。

FF15

FF15
高品質6502(快適)
標準品質10399(とても快適)
軽量品質137654(非常に快適)

FF14 漆黒の反逆者

FF14のベンチ-マーク
最高品質15982(非常に快適)

ドラゴンクエストX

DQXベンチマーク
最高品質16709(すごく快適)

フレームレート検証

フレームレート検証

ベンチマークソフトを走らせるだけではなく、実際にフルHDモニターでフォートナイトを動かして、どの程度フレームレートを出せるか検証しました。

最高画質
132fps
高画質
160fps
中画質
258fps
低画質
290fps

最高画質でも100以上をキープできるので、非常に快適です。

低画質まで落とせば、フレームレートが300を超える場面もあるほど。

ゲーミングモニターにつなげれば、PS4やSwitchでは体験できない高画質・高フレームレートで遊べます。

万能に使えるミドルクラス

DAIV Z7

レビューのまとめとして、DAIV Z7の特徴をおさらいします。

動画や写真など幅広い用途で活躍

取っ手とキャスターで持ち運びも楽

カスタマイズの選択肢が幅広い

人気ゲームも高画質でプレイ可能

購入後はパーツ交換が少々大変

送料と消費税込みで16万円台で買えるパソコンとして考えると、素晴らしいコスパの高さ。

動画や写真、イラストなどの用途はもちろん、事務作業やゲームでも活躍する汎用性抜群のクリエイターPCです。

記事執筆時点では翌営業日出荷サービス(+2,000円)にも対応しているので、少しでも早くパソコンが欲しい方も安心。

業務用パソコンとしてはもちろん、趣味には本気で取り組みたい!という方にもおすすめのマシンです。

\最大6万円OFFのセール実施中!/

マウスコンピューターのセール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。